アコギ女子ブログ&初心者向けの情報を中心に発信します!

agt4girls.com

練習方法

女の子アコギ弾き語り初心者オススメの練習法3選と簡単な曲4つ

更新日:

アコギの弾き語りに憧れて始めたけど、
練習法がイマイチわからない!?

本ページでは、そんな方に初心者でも
すぐに実践できる練習法をご紹介します!

この練習法をふまえた上で、あなたの好きな
曲も弾けるようになってみませんか?

憧れのアーティストの曲も楽しく、
弾けるようになってみたいですよね!

まずは、焦らず自分のペースで1つずつ、
出来ない所をクリアしていく事が上達に繋がります!

そうすると、自然に自信も持てて、
アコギを弾くことが楽しくなると思います!

ギターの弾き語りって何だろう?

ギターの弾き語りとは、
ギターを弾きながら同時に歌うことです。

日本で人気アーティストで言えば、
YUIさん、miwaさん、阿部真央さん…
といった方々が弾き語りをしていますね!

最近で言うと藤原さくらさん、
女優であり歌手でもある大原櫻子さんなど…

他にも、アイドルグループNMB48の山本彩さんや
女優の西内まりやさんもアコースティックギターと
エレキギターをやっているそうです!

一昔前では、男性のものという印象がありましたが、
今では、このように女性でも、たくさん活躍している方がいます。

初めての弾き語りで良くある失敗話

1、ギターの基礎を練習せずに、いきなり曲を始めてしまう

始めたての頃は弾いてみたい曲がたくさんあります。
わたしもそうでしたが、いきなり曲を弾いちゃいますよね。

その曲を部分的に練習して、途中まで弾けるのです…

けど…

コードやストローク等が思うようにできず、曲にならない(-_-;)

こんなふうにつまづいて迷走してしまいがちです。

私もそうでした。

最初は基礎から自分のペースで練習していきましょう!
※おすすめのギター基礎練習方法は今後アップしますね。

2、ギターの左右の手の動きが合わない

ギターを弾くことに慣れていないうちは、
歌またはギターの片方ずつを練習しましょう。

なぜなら、両方(歌う、弾く)の動きを一気にやろうとすると、
どちらかが動かなくなって犠牲になるパターンも多いからです!

なのでまずは、ギターを弾く動き、
つまり右手と左手をしっかり動かし、
曲自体を弾けるようにしましょう。

その次にギターと歌を合わせる!
といった練習法が一番効率的です。

3、ギターを弾くスピードが曲に追いつかない

曲が速すぎる!

かんたんそうに思っても、いざギターを弾いてみると
そう思うことは少なくありません。

気持ちではすごく追いつきたいけど
ギターを弾く手が言うことをきかない・・・!

なんてことも!

それでも悔しくて原曲のスピードで
合わせようとムキになって
がんばってやってみるも挫折。。。w

この3つの失敗はほとんどの方、
そしてもちろん私も経験しています。

最初から上手に弾ける子なんていません。

もしいればそれはプロどころか神ですよwww

失敗やミスは上達に必要なもの。

改善点がそれだけ見えているので、
上達したときは達成感と同時に
心の底からギターが楽しくなると思います!!

では失敗やミスをなくすにはどうしたらいいのでしょうか?

練習法を↓で紹介させていただきます。

ピックを正しく持つ事でキレイな音、フォームができる

ピックはギターを鳴らすために使用するものです。

ピックを正しく持つことでギターの弾きやすさも変わり、
※右手※のフォーム(見た目)もとてもきれいに見えるようになります!

 

それだけではありません。

 

音の強弱はピックの使い方や腕の振り方(アタック)で表現しています。

 

ピックの形や素材でも音は変化しますが、
ピックを使い方ひとつでもアタックの強さにも変化がだせるのです!(=゚ω゚)ノ

 

すごくパワーのある音が出て、
弾いてる途中のチューニングのずれも
最小限に抑えられるので、
弾いててもとても気持ちがいいです!

(※左利きの方のレフティギターを使っている方は、ピックを持つ手は
左手になります。ご了承ください。)

 

ギターピックの種類と選び方。アコギ用おすすめなども紹介します!
以前、ピックの種類と選び方、おすすめについて
ご紹介させていただきました。
ピックをまだ持っていない方、
これから末永くギターを楽しむためには必需品ですので
こちらもよろしければご参考にしてください!


【練習法】左は軽く押さえ右だけでいろんなストローク法をゆっくり弾く

ギターの音を鳴らすのに、右腕(左利きの人は左腕)を
ジャカジャカ振るのをストロークといいます。
ギターでジャカジャカ弾き語りをするなら基本の動きです。

で、どうして私がストロークから始めたか?というと、

それは、ストロークがしっかりしていないと、
音が鳴らないからです!

左手のコードがしっかり押さえられていたとしても鳴りません。

なので、まずはストロークをしたときに、
きれいな音が鳴るための練習をしましょう。

(1)まずは一番上の6弦から下の1弦までストロークする練習


開放弦(何も押さえていない所)の音がすべて
6弦から1弦まで音がキレイに鳴ればクリアです!

(2)ただジャカジャカ弾く練習をしてみる

まずは、音程のことはどうでもいいので、
右腕を上下に振って、ジャカジャカしてみましょう。

このときに、曲やメトロノームに合わせて、
リズムよく弾けるようにしてみるのがおすすめです!

このとき、腕を振り下ろすときと、振り上げるとき、
両方に力が入っていると、リズムが安定しません(◞‸◟;)

振り下ろすときはしっかり弾いて、
振り上げるときは弦に軽く当てるくらいの
気持ちでジャカジャカすると、リズムがよくなってきますよ!

ぜひやってみてくださいね。

(3)一番上の6弦から4弦は左手で軽ーく押さえ音が鳴らないようにする

3弦から1弦までをストロークする練習です。

開放弦の3弦から1弦までキレイに鳴ればクリアです!

もし、「開放弦の音が鳴らない!」という場合は、
このような原因があるかもです。

・軽く押さえるべき弦以外に指が触れてしまっている
・ピックの持ち方などに原因がある

それができたら、
逆に3弦から1弦までを鳴らないように軽く押さえて
6弦から4弦だけを鳴らしてみるなど、

その他にも、臨機応変に軽く押さえて弾く弦を
変えてみるのも、いいストロークの練習法です。

※開放弦を鳴らす、鳴らさないシーン等は色々あると思いますがここの見出しでは
鳴らす方向で説明させていただきます。ご了承ください。

【練習法】いろんなストローク法で簡単なコードをゆっくり弾く

ここまでで紹介させてもらったいろんなリズムのストロークに慣れてきたら、簡単なコードを弾いてみましょう!

(1)まずはかんたんなコードを鳴らしてみる

私のご紹介した記事をご覧ください!

初心者さん必見!アコギのコードの練習法【その1.C,G,Em,A,D編】
初心者さん必見!アコギのコードの練習法【その2.E,Am,B,Bm,F編】

押さえ方、押さえ方のコツを詳しく
ご紹介しています♪
↓の(2)も、コード練習の参考にしてください☆ミ

(2)コードチェンジの練習

押さえる場所、弾く場所を変える練習をします。

コードを変える際(頭打ちの時)にコード名を言っていくと
より、効率的にコードが身体で覚えられて一石二鳥だと思います!

そうすると、コードでも自然に鳴らすべき場所、
鳴らさない場所(ミュート)がなんとなく、
体感的にわかってくると思います。

ここでもリズムが安定しないうちは
メトロノームを使うといいですよ!

【練習法】鼻歌練習から始め、アコギのメロディと合わせてゆっくり弾く

テンポはゆっくりからだんだん早く弾き語りする。
どうして、鼻歌から始めるのか?というと、

最初のうちは歌を歌いながら弾いてしまうと
ギターの動きがとまってしまいやすいからです。
(例としてはコードチェンジが上手くできなかったり
するケースが多いと思います。)

そして、歌をうまく歌おうとすると
結構体力的にも消耗します。。。笑

鼻歌を歌いながらゆっくり弾く→歌(歌詞付き)を
歌いながら弾くことによって、
ゆっくりだったとしても曲として完成するようになります!

はじめは、歌の上手、下手は気にしなくてOKです。

その部分はよくよく慣れてからついてきます。

なので、まずは曲を弾けるようにしてみてください。
できたら確実に上達している証拠です!

鼻歌とギターを合わせて一曲最後まで弾けたらゴールはもうちょっと!!

歌詞をつけて弾き語りができるようになった時は
自分自身の事を褒めてあげてくださいね!!

弾きやすい人気曲をご紹介

初心者さん必見!アコギのコードの練習法【その1.C,G,Em,A,D編】

初心者さん必見!アコギのコードの練習法【その2.E,Am,B,Bm,F編】
↑この2つは私が以前ご紹介させていただいたものです。
コードの練習法なので、よろしければこちらも一緒にご覧ください!

1、StandByMe/BEN E.KING

StandByMe/BEN E.KING
↑楽譜です!

テレビのコマーシャルでもよく耳にし、
色々なアーティストもカバーしていてついつい口ずさんじゃう曲ですね♪

コードを覚え始めた方には一番練習しやすい曲だと思います!

2、ロンリー/阿部真央

ロンリー/阿部真央
↑楽譜です!

阿部真央さんの曲の中でも初期にヒットした曲ですね!

難しいコードもないのでとっても弾きやすいと思います!
最初の歌い出しからしばらく「ジャッ、ジャッ」と
音が一時的に途切れるようなミュートという弾き方で
演奏されてますが、「ジャガジャガ」等の
ストロークから弾けて、かつリズミカルなので
弾いてて楽しいと思います♪

この時私は高校生で、アコギを始めたばかりの友達が
阿部真央さんの大ファンで、よく弾き語りしてたのを思い出しました。

3、ヒカリへ/miwa

ヒカリへ/miwa
↑楽譜です!

miwaさんの中でも一番弾きやすい曲かなと私は思ってます♪

miwaさんは途中途中で、ピックではなく指で一音ずつ弾く
アルペジオという弾き方で演奏されていますが、
最初は難しいと思うので、
コードを変えた時に「ジャーン」とゆっくりストロークする
弾き方のほうが曲の雰囲気にも合い、かつやりやすい弾き方だと思います!

この時も私は高校生で、アルペジオがすごく苦手だったんです。
この曲を初めてテレビで聴いたとき、「この曲ならできるかも?」
と思い、曲に合わせながらアルペジオの練習してたのを
今この記事を書きながら思い出していました。懐かしいです(笑)

4、We Are Ever Getting Back Together /Tayler Swift

We Are Ever Getting Back Together /Tayler Swift
↑楽譜です!

テラ〇ハウスというテレビ番組でよく使われている曲でしたね!

「ジャーン」のストロークのあとに「タラララ」とアルペジオが
入っていますが、「ジャーン」のストロークだけでも弾けちゃいます!
↑でご紹介したストロークのリズムでも合うと思いますので、
挑戦してみてください!歌詞が英語で難しいですが、
鼻歌でも雰囲気が出ると思います(^^♪

この前久しぶりにこの曲をやってみたのですが、アルペジオが
全然ハッキリ弾けなくなってました(笑)
ピックで弦を上下に鳴らすことをピッキングといいますが、
まだまだ自分もあまいなぁ~と反省(T_T)

この曲でアルペジオが出来るとかなり色々なところで
役に立ちますので是非、練習してみてくださいね!

まだ、ピックを持っていない方は

まとめ

いかがでしたでしょうか??

先程もお話しはしたのですが、↑でご紹介した練習法は
私が何にもできない、ギターを始めたばかりの時に
友達と一緒にやっていた練習法です。

見た通り地味なのですが、私もこの練習法で、
左手のおさえる手と右手のストロークの動きが
ついてくるようになりました。

「自分はリズム感がないなぁ・・・」って思っても、
手と同時に身体自体でリズムをとるように意識すると
さらに覚えやすくなると思います(^^♪

そして何より、ギターを弾いている!
という感じがして、楽しくなってくるんです。
沢山弾いていると、指が痛くなってくると思いますので、
適度に休憩をはさんでくださいね!

皆さんのギターライフが今以上に
楽しくなりますように☆

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-練習方法

Copyright© agt4girls.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.