アコギ女子ブログ&初心者向けの情報を中心に発信します!

agt4girls.com

練習方法

初心者さん必見!アコギのコードの練習法【その2.E,Am,B,Bm,F編】

投稿日:

前の記事では【その1.C,G,Em,A,D編】をご紹介させていただきました!
今回は、以前ご紹介したコードよりちょっとだけ難しいコードを
ご紹介させていただきます!!
今回も、押さえられるコードをたくさん増やしていきましょう♪

チューニング、ここでも忘れずに!

「よし、今回もコードの勉強がんばるぞー!アコギをジャーン♪」

ちょっと待ってください!!
チューニング、もしかしてずれていませんか??

アコギは少しでも時間をおいておくと、
気温差によってチューニングがずれてしまうのです!

音は全然変わらないと思っても、意外とチューニングはずれちゃうんです。
今回もチューニングはサボらないでやっていきましょうね♪

よく使うコードその(1) Eコード

1,2弦は開放弦(何も押さえないでそのまま弾く)
3弦1フレットを人差し指で押さえる
4弦2フレットを薬指で押さえる
5弦2フレットを中指で押さえる
6弦は開放弦(何も押さえないでそのまま弾く)

開放弦に手が当たっていないことを確認して、
6~1弦まで一気にストローク♪

しっかり鳴りましたか?

4弦,5弦の押さえる指を最初は間違って覚えてしまいがちです!
6,2,1弦の開放弦もしっかり鳴っていることを確認しましょう!

よく使うコードその(2) Amコード

1弦は開放弦(何も押さえないでそのまま弾く)
2弦1フレットを人差し指で押さえる
3弦2フレットを薬指で押さえる
4弦2フレットを中指で押さえる
5弦は開放弦(何も押さえないでそのまま弾く)

6弦は弾かずに、5~1弦までストローク♪

しっかり鳴りましたか?

前回の【その1.C,G,Em,A,D編】でご紹介した
Cコード、Gコードと似たような感じで、
このAmコードも、↑のEコードが1段ずれるだけで
弾けるコードなんです!

E→Am→E→Am...と、
転換の練習をしてみてくださいね!

よく使うコードその(3) Bコード

1~5弦2フレットを人差し指全体を使って押さえる
2弦4フレットを小指で押さえる
3弦4フレットを薬指で押さえる
4弦4フレットを中指で押さえる

6弦は弾かずに、5~1を一気にストローク♪

しっかり鳴りましたか?

…鳴らない方がほとんどだと思います(;´Д`)w

ギターコードの中では、Fが一番難しいといわれてますが、
私的には、Bが最難関だと思ってます。
私はいまだにこのコードが嫌いです(◞‸◟lll)

「人差し指で押さえて、中指~、薬指~え、めっちゃ痛いんだけど!(;; ゚Д゚;;)」
「人体の構造とか機能的にしんどいし…」

みたいな感じになりますよね??

このBコードに関しては、
ただでさえ人差し指で押さえる、切羽詰まってる中指~小指で精いっぱいなので、
フレットのギリギリを押さえることになります。
しっかり押さえないと音がならないのがネックです(◞‸◟;)

慣れるまで、最初は1本ずつ指をプルプルさせながら押さえていきましょう!
上から人差し指で押さえたら、中指、薬指、小指…
下から小指で押さえたら、薬指、中指、人差し指…

Bコードのコツは、人差し指の方が圧倒的に押さえる所が多いので
人差し指に気持~ち、重心をかけることです。

それか、人差し指と中指だけひたすら練習して、
慣れてきたらそこに薬指と小指をくっつける。

あんまりやりすぎるとホントに人差し指と中指が
腱鞘炎になっちゃうんで、ほどほどに練習しましょうね!

よく使うコードその(4) Bmコード


1~5弦2フレットを人差し指で押さえる
2弦3フレットを中指で押さえる
3弦4フレットを小指で押さえる
4弦4フレットを薬指で押さえる

6弦は弾かずに、5~1弦を一気にストローク♪

しっかり鳴りましたか?

先程のBコード比べると、
中指が4フレットから3フレットに移動してるので、
弾き比べてみるとちょっとゆとりがありますよねw

押さえやすいコツとしては、
1~5弦2フレットを人差し指で押さえる
4弦4フレットを薬指で押さえる
3弦4フレットを小指で押さえる
の後に、2弦3フレットを中指で押さえる。

最初はこれが一番やりやすいんじゃないかなと思います!

よく使うコードその(5) Fコード

↑でも書きましたが、コードの中で最難関って言われてます!

1~6弦1フレットを人差し指全体を使うように押さえる
3弦2フレットを中指で押さえる
4弦3フレットを小指で押さえる
5弦3フレットを薬指で押さえる

6~1弦まとめて一気にストローク♪

しっかり鳴りましたか?

私は、FコードよりBコードの方が難しいと思ってます。
指に負担かかりまくりですしね(;´・ω・)

B,Bmコードが押さえられる方は
Fは楽に押さえれるのではないでしょうか?

Fコード、最初は少し難しい方はこう押さえてみるのもあり

Faugコードといって、
「省略されてるFコード」みたいな感じです。

コードをだんだん覚えてくると、曲を練習したくなってきますよね!
そんな時、やりたい曲にまだ覚えていない、押さえられないコードがあると
絶望しますよね。(;´Д`)w

そんなときのFaugコードです!!w

1弦1フレットを人差し指で押さえる
2弦2フレットを薬指で押さえる
3弦2フレットを中指で押さえる
4弦3フレットを小指で押さえる

5,6弦は弾かずに、4~1まで一気にストローク♪

しっかり鳴りましたか?

「自分の練習している曲にFコードが現れた!」
みたいな時は、ちゃんとしたFを練習しつつ
このFaugコードに替えて練習してみてくださいね♪

パワーコードを練習すると、特にBm,Fが弾きやすくなるかも?

 

もちろん、練習に工夫を入れないとすぐには押さえられないと思います。
だからこそ、無理してすぐに弾こうとしないでいいんです!!

無理しちゃうと腱鞘炎になっちゃうのでね…
しかも、やっかいなことに腱鞘炎ってなかなか治んないんですよ…w

ちなみにパワーコードっていうのは、エレキギターでよく使われる
ルート音(和音)を重ねた音のことをいいます。
楽譜はこんな感じです!


※画像は編集者さんの明日への風さんから引用しました!

このように、弦の位置にフレットの押さえる番号が
書かれている楽譜をタブ譜といいます!
おもに、エレキギターの楽譜でよく見られますが、
アコギを弾く方も覚えている便利ですよー!

Bmは、画像の上段の左から3番目のBのパワーコードに
2弦3フレットに中指を置くだけ。

Fは、画像の下段の左から2番目のFのパワーコードに
3弦2フレットに中指と、6弦1フレットを押さえている人差し指を
2,1弦の方にひょいっと伸ばして指の第二関節ぐらいのところで
押さえるだけです。

つまりは、最初にこの画像のパワーコードだけの形を作ってから
それぞれの指を足していくと考えれば、楽な気持ちになると思います。

そんな感じで練習してみてください!

まとめ

いかがでしたか?

【その1.C,G,Em,A,D編】と、今回ご紹介した【その2.E,Am,B,Bm,F編】は基本的なコードなので
全て弾けるようになれば、大体の曲は弾けるようになります(*´Д`)♪

これからも練習、頑張っていきましょうね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-練習方法

Copyright© agt4girls.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.