アコギ女子ブログ&初心者向けの情報を中心に発信します!

agt4girls.com

必要なもの

ギターピックの種類と選び方。アコギ用おすすめなども紹介します!

更新日:

先日、"女の子アコギ弾き語り初心者オススメの練習法3選"という記事で
「ピックの形、素材でギターの音が変化します!」と
ご紹介させていただきましたが、今日はさらに詳しく
「どう変わるのか?」の部分について私流にお話していきます!

※アイキャッチ画像、↑の画像はプリ画像さんから引用しました!

プロのミュージシャンも、ギターの一部のように
こだわっています。
プレイスタイルによってピックの合う、合わないも
人それぞれ違ってくるからです!

この記事をみた皆さんは是非これから
参考にしてください!

ピックの形の種類とそれぞれの特徴について

 ・トライアングル型
 ・ティアドロップ型
 ・ジャズ型
 ・サムピック型

の4つが代表的です。

よく使われている順でそれぞれ
ご紹介していきます!

トライアングル型


※画像はamazonさんから引用しました!

ピックの中で一番面積が大きいものなので
一番手にフィットして持ちやすく安定しやすいです!
ピックを初めて持つ方はこのトライアングル型をおすすめします!!

力強くストロークをしたとき、
音のニュアンスが一番よく聴こえるので
アコギ本体の特徴が一番でるピックです。

ティアドロップ型

※画像はamazonさんから引用しました!

ティアドロップとは、英語で
「涙」を意味するそうです(*´Д`)
その名の通り、ピックが涙の形をしています!
ストロークも単音弾きもやりやすいです!

ストロークはもちろん、単音弾きもしやすいので
最初、どのピックを買おうか迷った方は
このティアドロップタイプをおススメします!

ジャズ型


※画像はamazonさんから引用しました!

トライアングル型やティアドロップ型とは違って
小さいです( ゚Д゚)!!

軽いので、速く繊細なリズムやフレーズなどを弾く
カッティングや、単音弾きがやりやすいので
そのような奏法が多い方にはオススメです!

ですが、初めてピックを持つ方には
このジャズ型ピックはあまりオススメできません(><)

 

私もエレキギターをやっている時
このジャズ型をつかっていました!
軽く、小さくて滑るので、
慣れるまでは練習、ライブでもピックを落としまくりでした( ゚Д゚)(笑)

落とすというより吹っ飛んでしまい、
それをお客さんに拾ってもらうという
恥ずかしい思い出がっ…( ;∀;)ww

初めてピックを持つ方がジャズピックを使うと
力加減が絶妙なので苦労しちゃうかもしれませんね(;◞‸◟)!

なので、
「ピック弾きに慣れてきたかな?」と思ったら
是非使ってみてくださいね( *´艸`)

サムピック型


※画像はamazonさんから引用しました!

指にはめて弾くピックです!
とんがっている部分はメーカーさんによって
大きさや角度が違います。

サムピックを使って得られるメリットは
サムピックを外した時でも、指で弾くときの
ただしいフォーム(位置)が掴みやすくなることと、
一音一音、しっかりニュアンスが出ることです!

ある程度アコギを弾き慣れてきた時に
オススメしたいピックです!

使いこなすのは慣れてないと大変ですが
アコギはサムピックが映えるので、
是非皆さんもストロークに慣れてきたら
使ってみてください(*´Д`)

ピックの厚みの種類とそれぞれの特徴について

・SOFT(0.5mmくらい)
・MIDIUM(0.7mmくらい)
・HARD(1.0mmくらい)

の3つが代表的です。
出しているブランドさんで厚さが微妙に違ってきますが
基本はこの厚さです。

薄い順番からご紹介します!

THINまたはSOFT(0.5mmくらい)

一番やわらかいタイプです!
ストロークしたときはさらっとした音が出て、
単音弾きのときは丸く優しい音が出て
軽いストロークでもなってくれます♪

弾いたときのアタック音が
「カチャカチャ」「シャカシャカ」と
目立つのも特徴です!

MIDIUM(0.7mmくらい)

一番標準的で柔らかすぎず、硬すぎずなので
多くの方はこのタイプをつかっていると思います!

私もずっとこのMIDIUMタイプを
愛用しています♪
強弱がつけやすいので私の中では
素直で優等生なイメージです♪

HARD(1.0mmくらい)

厚いタイプです!
軽いストロークでも迫力が出ます♪
強弱にメリハリがでるのも特徴ですね(^^♪

しっかり持って弾かないとピックを
落としてしまいがちなので、
柔らかいピックに慣れてきたら使ってみてくださいね♪

ピックの素材の種類とそれぞれの特徴について

よく使われている代表的な素材は
・セルロイド
・ナイロン
・ウルテム
・デルリン
・べっ甲

の5つを私はイメージします!
メーカーさんによって、見た目も変わってくるところですが、
代表的なものを画像で載せていきます!

セルロイド


※画像はamazonさんから引用しました!

「ピックの代表」といえばこの素材です!
他にも、↑でご紹介したfenderの白いピックも同じ素材で出来ています!
長持ちし、どんな人でも使いやすいです。
ジャンルを問わずに弾けることも人気の理由の1つです!

最初はこのピックをおすすめします!

ナイロン


※画像はamazonさんから引用しました!

低~中音がやわらかーく出るイメージです!
軽い感じで使えます!
滑り止めが付いているのがほとんどです。
付いていないものは滑ってしまうのでなるべく避けましょう!

少し小さめの物だとカッティングなどでよく使われています。

ウルテム


※画像はamazonさんから引用しました!

べっ甲や爪弾き(指弾き)に近いものだと言われていて、
弦とフィットする感じも好評です!!
爽快なパワーのある音と、見た目が黄色っぽく透明なのが
特徴的ですね!

アコギの方だとなおさら音が
映えるのではないでしょうか?(^^♪

デルリン


※画像はamazonさんから引用しました!

エレキギターを弾いている方で
つかっているのをよく見かけます!
この素材は、厚みによって大幅に変化を感じます( `―´)

厚みが出るほど低~中音が良く聴こえてパラフルですが、
その分ちょっと強く弾くとストローク、ピッキングに
雑さを感じてしまうかもしれません!

べっ甲


※画像はamazonさんから引用しました!

べっ甲ピックは、ウミガメの甲羅からできています!
ストローク、アルペジオ、両方オススメです!
他の素材とは違い、お値段が少し高めですが
とてもナチュラルで優しく特別な音を出してくれます♪

エレキギターの方で
「クリーンな音は残しつつ、歪ませながら
暖かみがある感じを出したい」
という方は重宝されてることが多いですね!!

べっ甲は、指にしっかりフィットしてくれるので
すべりやすい人でも持ちやすく、
いろんな方に愛される理由の1つです♪

ですが、べっ甲はタンパク質でできているので
使用したまま放置すると、
手の油や、皮脂を好む虫にピックを
食べられてしまいます!!(◞‸◟;)
なので、使用した後はべっ甲ピックの手汗をふき取り
乾燥剤と一緒に保管しておきましょう!!
乾燥剤は、お菓子の中に入っているものでも
大丈夫みたいです♪

食べてる最中も食べられた形跡も想像すると
ゾッとしてしまいますね(; ゚Д゚;)

形、素材、厚さでどう変わるのか?

とても絶妙な違いで説明も難しい所ですが、
形、素材、厚さ共通していることは
もちろん、弾きやすさ、持ちやすさ(手とピックの相性)です。

 

ピックは、皆さんの持っている
アコギ(ギター)本体の特徴を素直に出してくれるもので、
音の聴こえ方にも様々な違いが出てきます。

ピックの使いやすさ、使いづらさは
人それぞれなので、フィーリング感が問われる部分です。

もし、ピックを変えてみて
しっくりこない、使いづらいなと感じたら
無理して慣れる必要はありません!(;゜-゜)

使いづらいということは、それだけストレスが手にもかかるので
特に最初のうちは慣れたピックで演奏しましょう!

自分が使いやすいピックで演奏するのと
使いづらいピックで演奏するのでは、
もちろん、使いやすいピックで練習する方が
上達のスピードは早くなります!

アコギオススメピックはべっ甲!

アコギ本来の音を一番出せるのは
べっ甲だと私は思います!

↑でも書きましたが、べっ甲ピックは
とてもクリアな音が出せます。
アコギのようなきれいな音にはピッタリです!

そしてあまり滑ることもないので
ストレスもなく使えるのが特徴です!

ですが、べっ甲はレア度も高いので
お値段は少し高めです(><)
お財布に余裕がある方は買ってみてください!

べっ甲オススメピック↓

※画像はamazonさんから引用しました!

【3枚セット】本鼈甲 ピック おにぎり型 (三角/小) べっ甲ピック 0.8mm

トライアングル型の0.8mm(MIDIUM)です!
3枚入りです!

 


※画像はamazonさんから引用しました!

【3枚セット】本鼈甲 ピック ティアドロップ べっ甲ピック 1.0mm

ティアドロップ型の0.8mm(MIDIUM)です!
3枚入りです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピックは手触りがなんとなく似ていても
音に変化があります。

個々の悩み(滑りやすく落としやすいなど...)に沿って
素材や大きさを選ぶことができます!

そしてほとんどの方がそうだと思いますが、
アコギのメインはストロークです。

なので、最初は形、硬さは持ちやすいものか、
(トライアングル型かティアドロップ型が無難)
素材はすべらないのも、もちろんですが
無難なセルロイド素材や、滑り止めが付いているものを使用しましょう!

↑滑り止め付きの写真はこちらです☆

※画像はamazonさんから引用しました!

もし、自分の欲しいピックに
滑り止めが付いていなかったときは
Amazonさんで売っている
この滑り止めシールを張ってあげてください(#^^#)
(画像を押すと商品ページに飛びます♪)

※画像はamazonさんから引用しました!

最初は「ピックなんか、何でもいいや!」
って思いがちです!

実は、私もそうでした。

様々な曲を聴いていたりすると、
「こういう弾き方をしたい!」「こういう音を出したい!」
と自分の中で明確になってくるはずです。
そう感じたところを重点にして、
応用でピックを探していけるのもギターの楽しさですね☆ミ

皆さんにいいピックが見つかりますように(´▽`) ♪9

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-必要なもの

Copyright© agt4girls.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.