アコギ女子ブログ&初心者向けの情報を中心に発信します!

agt4girls.com

アコギの選び方

エレアコ界ではテイラー(Taylor)がアツい!初心者さんオススメをご紹介します!

更新日:

最近のエレアコ界で激アツのテイラー(Taylor)!
テイラーの歴史は浅いですが、
今では、ギブソン、マーチンと並ぶアコギ3大ブランドと言われるまでに成長しています。
素晴らしいエレアコメーカーです!!

テイラー エレアコ 初心者 オススメ

テイラー(Taylor)は、初心者さん~プロの方といろんな方々から
使用されていて、エレアコ界では大人気なんです(=゚ω゚)ノ!
特に最近巷では、テイラーを使用する
女の子がかなり増えてきているようにも感じます♪

というわけで今回は、テイラーの特徴や私のオススメ、
気になっているテイラー女子をご紹介していきます!

テイラーが初心者にも人気の4つの理由

1、弦高が低めなので弾く時の負担がなく弾きやすい

テイラーのエレアコは、他のブランドさんより弦高が低めに作られています。

なので、どこを押さえても力をあまり入れることなく押さえやすいので、
手が痛くなるストレスがあまりなく、弾きやすいんです!

(弦高というのは、フレットから弦までの高さの事を言います。)

2、ネックが反りにくい構造になっている

ギターのネックの反りは、乾燥や気温差などが原因で
木が乾燥してしまい起きてしまう事です。

ネックが反りにくいポイントが2つあります!

(1)ネックジョイント

ネックジョイントには
テイラーでは、シムと呼ばれるサペリという木の板を
ボディとネックジョイントの間に挟み
中からねじで止めているしくみがあります。
このしくみをボルトオンというそうです!

この中のねじをとるとネックが外れて
間に挟むシム板の厚さを変えることによって
弦のテンション(張り)を調節できます。

弦がピーンと張ってると、押さえる力も必要になるので
しばらく弾いていると手が疲れちゃうんですよね。(; ・`д・´)
この悩みの部分を調節できるのがとても便利ですね!

「取り外ししたから、もう一回つけた時
見た目とか変わっちゃうんじゃないの?(;´д`)」
って思いがちなんですけど、
まったく見た目は外す前と変わらない状態でつけられます!

Taylorのネックアングル調整最近の情報 その1自分でも調整できるのか?
↑の編集者さんが、ネックジョイントを実際に調節しているところを
まとめてくださっています。
写真もついてて分かりやすいので、ご覧ください!

(2)トラスロッド

トラスロッドというところでは
ネックの反りと弦高を調節できます。

ギターは弾き終わった後、ペグをゆるめて弦にゆとりを持たせないといけないのですが、
テイラーは、トラスロッド部分にもブランドのこだわりがあるらしく、
ネックが反りにくい木材がつかわれているそうです!

つまり、
弦を緩める手間がなくなるのと
弾いたときのピッチ(音程)がづれにくくなります。

テイラーギターのトラスロッドを回して、ネックと弦高の調整する
↑の編集者さんが、トラスロッドを実際に調節しているところを
まとめてくださっています。
写真もついてて分かりやすいので、ご覧ください!

3、エレアコなのに、生音のような音が出る

エレアコの音は、ピックアップといって
ボディについているマイクで振動した音をひろって
アンプから出力されます。

テイラーのピックアップは、
↑でご紹介した、ネックジョイント内部と
ブリッジ背面にピックアップが付いています。
(※この2つあわせたピックアップをテイラーでは、
エクスプレッションシステム2と呼ばれています)

ボディの音はネックジョイント内部から拾い、
弦の音はブリッジ背面から拾うしくみです。

ピックアップをブリッジの背面側につけると
エレアコ特有のコンプレッション感が減り、
そこになお、テイラー独自のプリアンプを増幅することによって
本来のアコギっぽい音が出るそうです!

4、見た目がかっこよくルックス映えする

「この値段でこんなかっこいいアコギ手に入るの!?Σ( ゚Д゚)」
って私はずっと思ってます。
塗装も全シリーズキレイで、持ってるだけでまずルックス映えします。
特に、ピックガードの形とヘッドがおしゃれなんです。
Taylor / 214ce ES2 (テイラー) エレアコ【ガクヤ中古楽器店】【ギター高価買取中】

↑ピックガードは、トップにある茶色い部分をさします。
(ボディにストローク時の傷がつかないためについているものです!)

他のメーカーさんだと角に丸みの帯びたものが多いですが
テイラーは形がかっこよくなっていますね♪
ここもルックス面ではかなり重要だと思います!

「テイラー ヘッド」の画像検索結果
↑テイラーのヘッドですね!
この色合いがほとんどですが、形もシンプルすぎず派手過ぎず
かっこいいですね♪

私の初心者さんにオススメのモデル3つ!

テイラーは、主に木材、大きさ、形の違いによってシリーズが色々わかれています!
また後ほど記事でご紹介しますね!
それでは、私の初心者さんにオススメする3つをご紹介していきます!

1、Academy 12e

Academy 12e
↑サウンドハウスで見れます!

2個目の動画は、生音と繋いだ時の音と比較している動画です。
ストロークの時音割れしちゃっててわかりづらいかな?と思ったので
2つ動画を貼りました!

アカデミーシリーズから出ている、高パフォーマンスなエレアコです!
このシリーズのエレアコは、
「初心者さんが挫折してしまわないように」
という思いで作られたアコギなんだそうです。

それではスペックをご紹介します!

ボディの形はグランドコンサート、別名00(ダブルオー)タイプと言って
ボディとフィンガーボード(指板)のスケールが小さめ、短めにつくられているのと、
ボディに入っている、アームレスト(ボディを削った作り)によって、
ストローク、指弾きの時の腕が安定しやすくなっています。
大きさ弾きやすさは小柄な女性でも弾きやすいはずです♪

※以前、記事でアコギ(エレアコ)の形をご紹介させていただきました。
よろしければこちらの記事もご覧ください!
アコギを始めたい女の子必見!私の初心者にオススメ3選

どんなギターでも、しばらく弾き続けると
チューニングが少しずつズレてしまうことがあるのですが(ギターによって差があります)、
↑でご紹介したとおり、テイラーの全エレアコ(アコギ)は
弦高も低くつくられているので押さえやすく、
ピッチ(音程)のズレもなるべく最小限におさえられているんです。

ギター本体で音量と高音域を調節できる
テイラーのオリジナルプリアンプが内臓されています。
初心者さんでも簡単によりいい音が作れるので
ライブもバンバンできちゃいますね!!

トップがシトカスプルース材
サイドバックがサペリ材でつくられてます。
生音でもかなり鳴るのと、低~高音バランスがよくとれているので、
コストパフォーマンスは他のメーカーさんの
ビギナー向けのエレアコよりもかなりいいです。

このお値段でテイラーをゲットできるのが何よりうれしいですね(*´з`)

2、110ce

 

TAYLOR ( テイラー ) / 110ce

110ce
↑サウンドハウスで見れます!

110ceといって、100シリーズのエレアコです!

形はドレッドノートタイプで、ハイポジションが弾きやすくなる
カッタウェイが入っています。
(左右非対称になっていて、高さが低くなっている方がカッタウェイ)

ドレットノートタイプは音が大きく鳴る特徴があり、
カッタウェイがあることによってハイポジションが弾きやすくなって
さらに演奏性も上がりますし、
カッタウェイって、入っているだけでもかっこよくて
ルックス映えするんですよ(=゚ω゚)ノ♪

トップがシトカスプルース材、
サイドバックがウォルナット材でつくられてます。
ウォルナットって、乾いたからっとした音が特徴的なんですよ!
けど、ストロークするとカチャカチャとした感じはなくて、
ナチュラルで丸く安心する音がします。
ジャーンってなるよりかは、シャーンって感じです。

2つ目の動画のとおり、
ボディにBass(低音)、Treble(高音)、Volume(主音量)と
つまみが調節できます。
これをいじるだけでも、アンプにつなげた時の音の聴こえ方が、
うんと変わってくるんですよ。
このとおり、音のバリエーションが豊富なのがエレアコのとてもいい所ですね♪

3、114ce

TAYLOR ( テイラー ) / 114ce

114ce
↑サウンドハウスで見れます!

114ceといって、↑の110ceと一緒で
100シリーズのエレアコの中で一番人気のモデルです!!

形はグランドオーディトリアムで、↑の110ceと同じ、
ハイポジションが弾きやすくなるカッタウェイが入っています。
(左右非対称になっていて、高さが低くなっている方がカッタウェイ)
グランドオーディトリアムはテイラーを代表するボディの形で、
プレイスタイルを選ばず、どんな方にでも合うのが特徴なんです♪

110ceとの違いは形にあります!
110ceが、サイズが大きく迫力がある
114ceが、バランスもとれていて特に女性にオススメ
ということです。
使用木材は2つとも一緒ですが
形によっても聴こえ方がかわってくるので、
動画を見て聴き比べしてみてくださいね。

私が弾いてみて思ったのですが、
テイラーはほぼ全シリーズ、アンプにつないだ時
ボディやヘッドと、どこを叩いても音量差がなかったので感動しました。
ボディについている3つのつまみで音をつくり込むことができるので、
メリハリのある抜けがいいきらびやかな音は、ステージでも活躍するでしょう!

なので、テイラーのエレアコは
他のエレアコメーカーよりコストパフォーマンスが高いことは
間違いありません!!

テイラー女子といえばこの人!

1、あいみょん


今、男女問わず、若い方たちから人気のあいみょんさんです。
あいみょんさんもテイラーのエレアコを使っていますね(*‘∀‘)
使用しているのは、おそらく、616ceという600シリーズのものですね…!!
私の独断なので、はっきりといえずにすみませんm(_ _;)m

TAYLOR ( テイラー ) / 616ce

616ce
↑サウンドハウスで見れます!

2、家入レオ

以前まで動画を貼っていたのですが、
youtubeの方で削除されてしまったので
画像でご紹介させていただきます。


※画像はまとめNAVERさんから引用しました。

先程↑でもご紹介した家入レオさんは、214ceという200シリーズのエレアコを使っています。
家入レオさんがギターを持っている所は、もしかしたら貴重なのかもしれませんね。

TAYLOR ( テイラー ) / 214ce-Koa

214ce-Koa
↑サウンドハウスで見れます!

また、テイラーを使っているアーティストさんがいたら
後ほどあげていきますね!

まとめ

いかがでしたか?

↑でも書きましたが、私がご紹介しているテイラーのエレアコは
私が実際に弾いた中でも、比較的お値段もお手頃で
初心者さんでも扱いやすいものだと思っています。
気になった方は是非ご検討ください(#^^#)!

エレアコの仕様が変わり次第、またブログを再度更新していきます♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アコギの選び方

Copyright© agt4girls.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.