アコギ女子ブログ&初心者向けの情報を中心に発信します!

agt4girls.com

アコギの選び方

アコギの木材の種類、それぞれの特徴

投稿日:

以前、私の記事で
「アコギの木材によって音もそれぞれ変わってきます!」
とご紹介させていただきました。
見た目もそれぞれです!

今回は、木材の種類や特徴を初心者の方でも
分かるようにお話ししていきたいと思います( `―´)!

それでは早速ご紹介していきます!

 

アコギはトップ、サイドバック、ネック/指板の構成

写真をご覧ください!

トップ

アコギを代表する表面
つまりアコギの顔部分ですね!

ここで主な弦の鳴り、振動が形成されます。

サイドバック

アコギの横の部分と裏面部分
バックはおなかと対面するところです!

トップでつくった鳴りや振動を、
サイドバックでさらに大きく振動させるのが
このサイドバックという部分の役割です!

ネック

フレットの裏面部分
親指と対面するところです!

トップとサイドバックでできた振動を
支える役目があります!

指板

フレット全体部分のことです!
↑でも書きましたがネックと一緒で
トップとサイドバックでできた振動を
支える役目があります!

よく使われる木材一覧

・シトカスプルース


※画像は木材図鑑さんから引用しました!

スプルースといえば、
このシトカスプルースです!
そのくらい多くのアコギに使われています!

それぞれの音の輪郭がハッキリとしていて
迫力のある音が特徴的です!

・イタリアンアルパインスプルース


※画像はクロサワ楽器町田店さんから引用しました!

現在のMartinのトップ材で
よく使われています!
指弾きや軽めに弾いても音伸びがよく
強弱をつけても音は潰れにくいです!

・マホガニー


※画像は木材博物館さんから引用しました!

音の伸び(サスティン)は控えめですが
温かみがあり、中音域の音をよく出してくれるのが
マホガニーの特徴です!
指弾きが映えます!!

サイドバックに使われることがほとんどですが
中には「オールマホガニー」といって
トップ、サイドバック、ネックと
全てにマホガニーが使われているアコギも
現在はいろんなブランドで増えてきています!


↑オールマホガニーはこんな感じです!
Martinの15シリーズの000-15Mです!

・コア


※画像はデジマートマガジンさんから引用しました!

スプルースと比較してみると
材質的に重たいので、音量はスプルースよりは
小さめですが、1音のニュアンスははっきり出ます!
中音域が明るくきれいに響くのも特徴です。

サイドバックで使われることがほとんどですが
コア材も、ここ近年で「オールコア」といって
TaylorやMartinで見かけるようになりましたね!

見た目は他の材質と比べると暗めでかっこいいので
ルックスも大切にする方からはかなり人気だと思います!


↑オールコアはこんな感じです!
Taylorの224ce-K DLXというエレアコです!
私はこの音がすごく好きです♪

・インディアンローズウッド


※画像はクロサワ楽器町田店さんから引用しました!

他の材質と違って音域がかなり幅広く、
低音~高音までしっかり出してくれるので
とてもバランスがよく、
ここも人気になる理由のうちの1つです!

サイドバック、指板で使われることが多く
とても人気材です!

色は茶色というより、少し黒っぽく
木目は平行なのでかっこいいですね!

・メイプル


※画像はクロサワ楽器町田店さんから引用しました!

材質が硬めなので、切れのいい
ジャギッとした音が特徴的です!

主にサイドバックに使われることが多いですが、
稀~にトップにつかわれることもあります。
高級なアコギやエレキギターで使われていることが
多いです!

・サペリ


※画像は木材図鑑さんから引用しました!

マホガニーの代替材としてよく
TaylorやMartinに使われています!
マホガニーより少し明るい音が出ます!

・エボニー


※画像はギターセレクションさんから引用しました!

材質的に硬めですが、
音の伸び(サスティン)がよく出るのが
特徴的です!

よく指板で使われています!

単板or合板で音が変わる

単板というのは一枚の板でつくられているもの
合板というのは、何枚も木の層を重ねてつくられているもの
です!

「単板は最初はよく鳴るけど耐久性に欠ける」
とか、
「合板は耐久性はいいけどその反面振動しなくて鳴りが悪い」
っていう意見が大半だと思います。

何とも言えず、難しいですね(><;)

私の意見ですが、皆さんの使用目的を考えてどちらかを
決めてみてもいいと思います!

例えば…
「たくさん弾き込んで、深みのある音にしていきたい」
という方なら、単板にしたりする方もいますし、
「エレアコだし、単板だと鳴りが良すぎてハウリングが怖いし…」
という方は合板にしたり…(単板のエレアコももちろんあります)

私が今使っているアコギは単板ですが、2年使った今でも
耐久性については全く考えたことが無かったです( ゚Д゚)

特にネックの指板は、乾燥や割れを防ぐために
使用後の乾燥対策(レモンオイルで拭いてあげる等)や
ペグをゆるめて保管というのが基本です!
(乾燥してしまうと音の鳴りが変わったり、
ネックの反りの原因にもつながります!!)

そこをずっと継続しているので、
耐久性はあんまり視野になかったのかもしれないです。

なので、改めて考えてみると
難しかったですね…(*_*)

とはいっても、
単板はやっぱりいい音が鳴るので
憧れっていうのもあると思うのですが、
高いんですよね~…(T_T)

考え出すと日が暮れてしまうので、
結論、お店の店員さんに相談してみるのが
一番です♪(笑)
きっと悩みを解決してくれるはずです!!

他の編集者さんたちの意見がありますので、
参考にしてみてくださいね!

ギターの素材 合板と単板の違い

【アコギ・ウクレレの木材】単板と合板の特徴と違い

【アコギが鳴るだの鳴らぬだの、百年早いんじゃ!と自戒する】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

木材は、よく使われている代表的なものを
ご紹介させていただきました。

単板か合板の部分は、考えていると
日が暮れてしまうので、
リスクを考えつつ、好きな音が出るものを
選ぶのが一番です( `―´)
高価なお買い物なので、
後悔はないようにしたい部分ですが
感性も時には大事です♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アコギの選び方

Copyright© agt4girls.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.